ブーケ保存加工やプロポーズ花束保存のことならハッピーフラワー

挙式後・当日でも対応可能 事前のご予約がなくても大丈夫

花束の保存

お得セット

ご注文から商品発送までの流れ

素敵な思い出と共にあなたのそばで咲き続けます・・・

店長メッセージ
ハッピーフラワーでは、おひとりのお客様に対して、公私ともにお花が大好きなプロデザイナーが、到着から納品まで責任を持って担当いたします。
だからこそ大切なブーケを私たちに安心してお任せください。

ブーケ保存専門店ブログ

ハッピーフラワーが大切にするこだわり

お友達紹介キャンペーン実施中

お役立ちコラム

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

 

ブーケの回収

挙式当日・挙式後7日までなら対応可能

最高の商品に保存・加工するために・・・・お花の回収から、保存・加工して、商品が完成するまで心を込めて対応いたします

ブーケの回収 お花を綺麗に残す為に!ブーケの回収方法を2通りご用意

お客様から直接送る場合

お花がすでにお手元にある場合は、専用BOXをこちらから送ると時間がかかりお花の傷みが 進んでしまう可能性がありますので、「お客様から直接送る」方法でお送りください。

インターネットにてご注文を頂く際に、注文フォームにて、「お客様から直接送る」をご選択ください。

ブーケがすっぽり入る深さのある箱、新聞紙、ガムテープ、ハサミをご用意いただき、下記の手順で、ハッピーフラワーまで送ってください。

【ご注意点】
茎が切りっぱなしのラッチブーケや、花束でラッピングを外してしまっている場合
お花は生きていますので、切りっぱなしの茎に水を含ませたティッシュを巻き、その上から、水が漏れないようアルミ箔で覆ってください。

【準備物】
・ブーケがすっぽり入る深さのある箱
・新聞紙(2〜4枚ほど)
・ガムテープ
・ハサミ

お客様から直接送る場合
  1. ダンボールにクシャクシャにした新聞紙を細長く丸め、写真のようにダンボールに沿って入れます。

    ブーケ梱包

  2. その新聞を枕のようにしてブーケを置き、『ブーケホルダー』部分を、ガムテープでしっかり固定し動かないようにします。

    ブーケ梱包

    ※分かりやすいようにクシャクシャにした新聞紙を除いて撮影しています

    【注意点】
    ・お花にあたると痛みの原因になるので、お花には新聞紙やビニールを被せないでください。
    ・シミの原因になるので、ブーケに霧吹きで水をかけないでください。
    ・お花がダンボールに当たらないように少し大きめのもので梱包してください。

  3. 箱をしめ、箱の上部分に『生花在中 重いものをのせないでください!』とマジックで書き、必ず“発注者のお名前”で、着払いの普通便、最短納期で制作アトリエまで送ってください。(注文者と名前が異なる場合、加工に進めずお花が傷んでしまいます。)

    ※注意※ 6月〜10月くらいの夏の時期は、冷蔵便に変更してご発送ください。冷凍便ではございません。“冷蔵便”になります。お花が茶色に変色し、加工ができなくなってしまいますのでご注意下さいませ。

    ※注意※◆1商品につき1箱の送料を無料でお送り頂けます。2種類のブーケを混ぜて1商品に纏めたい方は、1箱に2種を入れてください。(2箱になりますと、送料を請求させて頂く場合がございます。)

     

    花束も同じような手順で送って頂ければ大丈夫です。

    送り先

不明な点があれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

専用ボックスの場合

  1. インターネットにてご注文を頂く際に、注文フォームにて、ご希望の場所や日時を記載頂けます。

    ※3日前までにご予約をいただいた場合のみ、専用BOXで回収させていただきます。

  2. あらかじめご指定いただいた日時と場所に、”ハッピーフラワー”が専用ボックスをお届けいたします。

    専用ボックス

  3. 専用ボックスが届きますので、面倒なこともなくスムーズに梱包し、送る事が可能です。
    保存・加工するお花を専用ボックスに入れて、同封の無料伝票(着払い伝票)をボックスに貼り、当店宛にそのままご返送下さい。

    ※専用ボックスが到着してから、発送に日数がかかってしまうと、その間に大切なブーケが傷んでしまいます。お花は生きていますので、いち早く処理をしてあげることが大事です。

    お花の送り方 大切なお花が、傷まないようにお送りください

    大切なお花をお送りいただく際に、ボックスの底面に持ち手の束ねた部分が ございましたら、ガムテープなどでお花が動かないように固定してお送りください。
    隙間には、外装の気泡シートをご使用ください。
    その際に、お花は呼吸をしております。傷みの原因にもなりますのでお花の上にはかぶせないようによろしくお願いいたします。

回収到着のご連絡